Search for books, people and lists
Read This Twice
HomePeopleBooksSign In
AuthorsKyūsaku Yumeno

Kyūsaku Yumeno Books

Yumeno Kyūsaku (夢野 久作) was the pen name of the early Shōwa period Japanese author Sugiyama Yasumichi. The pen name literally means "a person who always dreams." He wrote detective novels and is known for his avant-gardism and his surrealistic, wildly imaginative and fantastic, even bizarre narratives. Kyūsaku’s first success was a nursery tale Shiraga Kozō (White Hair Boy, 1922), which was largely ignored by the public. It was not until his first novella, Ayakashi no Tsuzumi (Apparitional Hand Drum, 1924) in the literary magazine Shinseinen that his name became known.His subsequent works include Binzume jigoku (Hell in the Bottles, 1928), Kori no hate (End of the Ice, 1933) and his most significant novel Dogra Magra (ドグラマグラ, 1935), which is considered a precursor of modern Japanese science fiction and was adapted for a 1988 movie.Kyūsaku died of a cerebral hemorrhage in 1936 while talking with a visitor at home.
27 books on the list
Sort by
Best Books First
Layout
Okane to pisutoru (Japanese Edition)
Kyusaku Yumeno - Oct 04, 2012
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。...
ドグラマグラ(上)
Yumeno Kyusaku - Jan 01, 1976
Goodreads Rating
昭和十年一月、書下し自費出版。狂人の書いた推理小説という異常な状況設定の中に著者の思想、知識を集大成する。“日本一幻魔怪奇の本格探偵小説”とうたわれた、歴史的一大奇書。...
少女地獄
Nov 29, 1976
Goodreads Rating
可憐な少女姫草ユリ子は、すべての人間に好意を抱かせる天才的な看護婦だった。その秘密は、虚言癖にあった。ウソを支えるためにまたウソをつく。夢幻の世界に生きた少女の果ては……。...
Furui nikki no naka kara (Japanese Edition)
Kyusaku Yumeno - Oct 04, 2012
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。...
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。...
二重心臓
Oct 01, 2012
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。...
Ume no nioi (Japanese Edition)
Kyusaku Yumeno - Sep 13, 2012
幻想性の色濃い作風で知られる昭和初期の作家、夢野久作の短編小説。初出は「九州日報」[1924(大正13)年]。一匹の斑猫が人間を真似て梅の花の匂いを嗅ぐが、その「良さ」がまったくわからない。そこへ一匹の鶯が降り立つ。なんとしても鶯を食べたい猫は、「梅のにおい」を話題にし、誘いをかけるのだったが……。...
霊感 !
Sep 27, 2012 (first published in 1931)
幻想性の色濃い作風で知られる昭和初期の作家、夢野久作の短編小説。初出は「猟奇」[1931(昭和6)年]。2回にわたって連載された。ドクトル、オルデスオル、パーポン医師のもとに現れた患者は、顔色が瀬戸物のように真青で、嘔吐が止まらない。医師の見たところ、顎が外れているのが原因らしい。さっそく治療を施すと、患者は、自分の身に起きた前代未聞の怪事件を語りだす。...
Osoroshii Tokyo (Japanese Edition)
Kyusaku Yumeno - Sep 13, 2012
幻想性の色濃い作風で知られる昭和初期の作家、夢野久作のエッセイ。初出は「探偵春秋」[1937(昭和12)年]。「これでも相当の東京通である」と自認する夢野が、上京すると巻き込まれるトラブルの数々。電車に乗り間違える、電車の自動扉に突き飛ばされる、そしてついには、某名士のところでとんでもない場面に出くわしてしまう。...
Enpitsu no shin (Japanese Edition)
Kyusaku Yumeno - Oct 04, 2012
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。...
Futatsu no kaban (Japanese Edition)
Kyusaku Yumeno - Sep 13, 2012
幻想性の色濃い作風で知られる昭和初期の作家、夢野久作の短編小説。初出は「九州日報」[1923(大正12)年]。大きな鞄は小さな鞄を馬鹿していた。2つの鞄は同じ人に買われ、その人の家へ。すると小さな鞄にはお金などの貴いものが詰められ大切にされるが、逆に大きな鞄はつまらないものばかり詰め込まれ面白くない。ある日、火事が起こり、それに乗じて大きな鞄は復讐をもくろむ。...
能とは何か by
犬神博士 by
Gaikotsu no kuronbo (Japanese Edition) by
Satsujin meiro 07 (rensaku tantei shosetsu dainanakai) (Japanese Edition) by Kyusaku Yumeno
いなか、の、じけん by
近世怪快人伝 by
死後の恋 by
Neboke (Japanese Edition) by Kyusaku Yumeno
ドグラマグラ(下) by Kyusaku Yumeno
The Spirit Drum by Kyusaku Yumeno
El infierno de las chicas by Kyusaku Yumeno
Minoru san no seishin bunseki (Japanese Edition) by Kyusaku Yumeno
Bottled Hell by Kyusaku Yumeno
Sensei no medama ni (Japanese Edition) by Kyusaku Yumeno
Nonsensu (Japanese Edition) by Kyusaku Yumeno
Biru gaisha seibatsu (Japanese Edition) by Kyusaku Yumeno